副作用が気になる人も多い飲む日焼け止め

 

飲む日焼け止めで有名なのでヘリオケアやPABAがあります。しかし、利用をする前に副作用を気にする人は多いです。

 

日本でも販売がされるようになりましたが、もともとはスペインで権威のある博士と企業が10年間研究をして見つけたのが主成分となっている「ニュートロッククスサン」です。また、別に効果がある成分として「フェーンブロック」があります。そのため、販売が開始されたのもスペインであり、日本で利用者が増えたのもスペイン産のサプリとなります。

 

そのため、輸入商品となるので箱に書かれている内容や成分名まで全て英語表記となります。ですので、少し利用するのに抵抗があるだけでなく副作用の心配をする人は多いのですね。

 

気になる飲む日焼け止めの副作用ですが、全く報告がされていない状況となります。人体に影響を及ぼす成分は配合されておらず、安全なサプリメンとなるのですね。

 

そもそも飲む日焼け止めが販売されたきっかけでもある主成分の「ニュートロックスサン」はローズとマリーとシトラスが元となっています。スペインで強い日光を浴びることで抗酸化作用の高まった原材料を特殊な製法で作った成分となるのですね。

 

ローズとシトラスが特殊な製法で作られているだけなので、副作用の心配をする必用はないのはお分かりになるかと思います。

 

飲む日焼け止め「ヘリオケア」は美容皮膚科でも推奨している

 

飲む日焼け止めのヘリオケアは美容皮膚科と呼ばれるクリニックでも販売がされています。

 

最初に有名となったヘリオケアに関しては世界50ヶ国の病院に製品を提供しており、世界でも認められているサプリとなります。その道の権威である医師や病院でもおすすめをしているのですね。

 

これだけ多くの病院で利用がされていることからも分かるとおり、効果があることだけではなく、安全性について配慮された製品であることは分かると思います。

 

日本でも飲む日焼け止めが販売開始

 

今までは飲む日焼け止めの存在は知っていても海外製のサプリメントの為、個人で輸入をするか一部の取り扱いのある病院で購入するしかありませんでした。

 

しかし、今年に入って日本の企業も少しづつ飲む日焼け止めの販売を開始しています。雪肌ドロップやホワイトベールをはじめノーブと呼ばれるサプリがあります。

 

配合されている成分に関しては当然のことながら「ニュートロックスサン」または「フェーンブロック」が配合されており、世界的に利用がされているヘリオケアと同様の効果が期待できるのですね。

 

それだけでなく、日本製のサプリとなるので説明も日本語で明記がされていますし、病院にいかづとも通販で購入することができます。今の所は価格帯も薬局やドラッグストアの店頭に並べるには向いていない為か通販限定での販売となっています。

 

おすすめの日焼け止めは雪肌ドロップ

 

日本で販売がされている飲む日焼け止めでおすすめのとしては雪肌ドロップです。

 

雪肌ドロップはニュートロックスサンの配合も当然のことながらされており、1袋に60粒配合がされています。紫外線は曇りの日でも照射されているので、毎日日焼け止めをしなければなりませんが1日2錠を飲んでも1ヶ月分の分量となっています。

 

ノーブは2000円程度で安く購入することができますが、その分、内容量は10粒となっています。結局の所、毎日利用をするとなると毎月、6箱購入しなければならないのですね。

 

その点、雪肌ドロップであれば60錠入っているのでコスパが良いです。また、モニターコースを利用すれば初回に関しては実質送料の500円のみで販売がされているので安く手に入れることができます。(いつまで続いているかは分かりません)

 

ニュートロックスサンだけではなく、肌色のバランスを整えるカロテノイドやコラーゲンペプチドなどといった美容成分に関しても配合されています。そんとため、利用者も増えている人気の飲む日焼け止めサプリとなるのですね。

 

1年のなかでも紫外線量の多い3月から10月は雪肌ドロップを利用するのがおすすめです。特に5月から8月にかけては紫外線量が非常に高いので飲む日焼け止めは使用をした方が良いです。

 

塗るタイプとは違い、塗りなおしをする心配も無ければ汗で落ちたりすることもありませんので利用がしやすいはずです。ただ、全ての日焼け止めは紫外線を100パーセントカットできる訳ではないので、日差しの強い日は塗るタイプやスプレーとの併用がおすすめとなります。